Be a Engineer.

社会人からWEBエンジニアになった人間の備忘録的勉強記録

Facebook Messanger Platformを調べてみた

Bot熱が冷めないshirakiyaです。
昨日のLINE Botを調べてみたに引き続き、今回はFecebookのMessanger Platformについて調べてみました。

作成の流れと詳細

Messanger Platform 公式ドキュメント
↑のGetting Startedを参考に調べて行きました。

0. 必要なもの

いきなり流れとかじゃないのですが、前提として以下のものが必要になります。

  1. Facebookページ
    • 作成するFacebookページがBotのアカウントとなる
  2. Facebookアプリ
    • これがMessanger Platformと呼ばれるBotAPIを有効にするためのもの
  3. Webhook URL
    • ユーザーからのメッセージの送信などでMPからフックされる先のURL。いわば自前で用意しないといけないBotアプリ。

1. FacebookアプリとFacebookページを作成する

まず始めにFacebookアプリを作成します。
あまり重要なところじゃないので端折りますが、fecebook for developersからアプリを作成します。
作成するときは、Webサイトでもモバイルアプリでもなんでもないので下図のようにbasic setupから進めると、余計な作成フローを進まずにいけるのでおすすめです。

f:id:shirakiya:20160531151256p:plain

アプリと共にFacebookページも作成する必要があります。作成の方法は割愛します。(ヘッダーにある下向き三角マークから「ページを作成する」があるので、そこから作成できます。)
とりあえず適当に進めて作成してみました。

f:id:shirakiya:20160531151922p:plain

2. FacebookアプリにMessangerを追加する

Messangerの追加

左カラムにある「製品を追加」から、Messangerという製品("Product"の直訳なので日本語では不自然になってる?)を追加します。

f:id:shirakiya:20160531152205p:plain

Webhook設定

ページトークンの下にある「Setup Webhooks」から設定します。

f:id:shirakiya:20160531152255p:plain

f:id:shirakiya:20160531152309p:plain

ここでcallback URLとトークンを自由に設定できます。
が、 この時点でこちらで用意すべきBotのシステムができていないので、一旦パスして後で入力することとします

3. Botアプリを作成する

ここで言うBotアプリは「Botを動作させるためにユーザーが用意するシステム」のことで、Facebookアプリのことではないのであしからず。

3-1. Webhook設定のためのWebアプリを用意する

まず、「Webhook設定」を完了することを目指します。
ここでしないといけないのは、要は"疎通確認"ですので、以下を満たすようにサーバーや簡単なWebアプリを構築します。

  1. callback URLが用意できていなかったので、そのURLを用意する
  2. Facebook側から送られるGETリクエストに対し、Verify Tokenを確認してchallengeを返す

今回も簡単のため、Heroku+Flaskを用いて構築しました。
Herokuの構築手順は割愛することとして、Webアプリには以下のような処理を行います。

  • app.py
# -*- coding: utf-8 -*-

import os
from flask import Flask
from flask import request

app = Flask(__name__)

# エンドポイントはなんでも良い
@app.route('/webhook', methods=['GET'])
def varification():
    VERIFY_TOKEN = os.getenv('VERIFY_TOKEN')

    # Facebookからは
    # `?hub.mode=subscribe&hub.challenge=<value>&hub.verify_token=<verify-token>`
    # というパラメータが送られてくる
    # `hub.verify_tokenが一致していることを確認する
    if request.args.get('hub.verify_token') == VERIFY_TOKEN:
        # 一致している場合は`hub.challenge`をそのまま返す
        return request.args.get('hub.challenge')
    return 'Error, wrong validation token'

if __name__ == '__main__':
    app.run()

構築しアクセス可能な状態にした後に、Facebookアプリ側の画面に戻りWebhook設定を行います。
URLと任意のVerify Token(今回であればHerokuの環境変数に定義したものと同じもの)を入力し、フォロー入力欄には少なくとも「message」にチェックを入れます。
「確認して保存」を押すと、裏で疎通確認が行われます。失敗すればエラー原因と共にダメって言われます。

f:id:shirakiya:20160531152453p:plain

ちなみにここにある「フォロー入力欄」は以下の意味のようです。

チェック 説明
messaging_optins Send-to-Messanger Pluginボタンを押されてMessangerにやってきた時にcallbackするかどうか
messages ユーザーからのメッセージが送られた時にcallbackするかどうか
message_deliveries メッセージが送信できた後にcallbackするかどうか(?) 「This callback will occur when a message a page has sent has been delivered.」 ←Facebookのタイポ?
messaging_postbacks [構造化メッセージ」と呼ばれるボタン付きメッセージで、ボタンが押された時にcallbackするかどうか

3-2. メッセージを受信し、返信するようにする

次はユーザーから送信されたメッセージを受信して、オウム返しするプログラムを書いていこうと思います。

まず、作成しているFacebookアプリとFacebookページを紐付けます。
ページを選択から、先ほど作成したFacebookページを選択し、フォローします。

f:id:shirakiya:20160531152703p:plain

フォローしたら、トークン生成からFacebookページのページトークンを生成します。このトークンがあればAPI利用の認証ができるようになります。

f:id:shirakiya:20160531152903p:plain

実際の開発したものに関して、オウム返しするだけですがコードはこちらです。

github.com

イメージとしては、例えばユーザーがメッセージを送った場合ではMPから以下の1つ目の様なJSONがPOSTで送られてくるので、それに対応して2つ目のJSON共にAPIを叩くとBot側から簡単なメッセージを送信することができます。

  • receive
{
  "object":"page",
  "entry":[
    {
      "id":"PAGE_ID",
      "time":1460245674269,
      "messaging":[
        {
          "sender":{
            "id":"USER_ID"
          },
          "recipient":{
            "id":"PAGE_ID"
          },
          "timestamp":1460245672080,
          "message":{
            "mid":"mid.1460245671959:dad2ec9421b03d6f78",
            "seq":216,
            "text":"hogefugapiyo"
          }
        }
      ]
    }
  ]
}
  • request
{
    "recipient":{
        "id":"<entry[0]['sender']['id']>"
    }, 
    "message":{
        "text":"みゅ!"
    }
}

Facebookの画面にて、FacebookページとMessageのやり取りを行います。

f:id:shirakiya:20160531153133p:plain
(やっぱり感じるデバック感。。返事が来ないと二重で悲しい)

できました!
これで簡単なBotは作成できました。

参考:Messengerで簡単なBotつくる(Facebook Messenger Platform from F8) - Qiita

システム構成

まとめがてら、全体像はこんな感じです。

f:id:shirakiya:20160531153208p:plain

LINE Botと異なるのは、LINEではLINE Bot Trial Accountを作成すればその時点でアカウントが作成されましたが、FacebookではFacebookページのアカウントとMessangerでやりとりを行うため、Facebookページが必要になります。

何ができるのか

  • メッセージの送信
    • テキスト/画像の送信
    • Facebookが用意しているテンプレートメッセージ
      • Generic(テキスト&画像&ボタン)
      • Button(テキスト&ボタン)
      • Receipt(領収書)
  • メッセージ開始時のメッセージ送信
  • Web埋め込み用の"Send to Messanger" / "Message Us" ボタンをデフォルトでサポート
    • → エントリーポイントを増やしやすい
  • ユーザーの情報取得
    • (別にMPならではのAPIではなさそうですが)

https://developers.facebook.com/docs/messenger-platform/implementation
このページに全てが書かれているので詳細はこちらから。

その他情報

審査

作成したBotを公開するには、Facebookによる審査が必要のようです。

  • page_messaging
  • pages_messaging_phone_number (optional)

という二つの権限があり、それらの利用範囲を以下の表にまとめました。

page_messaging pages_messaging_phone_number
(OK) ユーザーとの初期接触時の体験 (OK) SMSを使ったメッセージの送信
(OK) 予約・購入・注文の確約 (NG) ユーザーの同意無しでSMSを使ったメッセージを送信すること
(OK) カスタマーサポートなメッセージの送信
(NG) サービス・商品のアップセリングやクロスセリング
(NG) 広告やニュースレター、お知らせ等の送信

https://developers.facebook.com/docs/messenger-platform/app-review

料金

Bot作成では基本無料のようです。
が、Customer Matchingなる機能を利用する場合は、Customer Matchingしたユーザー一人毎に$99を払わないといけないようです。
Cutormer Matchingとは電話番号からユーザーを特定してMessangerでそのユーザーにリーチすることを可能にする機能のようです。ただし、FacebookページがUSのアドレスで登録されているか、一人の管理者がUSのアドレスで登録されていることが条件のようです。

(ってかめっちゃ高い…)

Wit.ai

http://www.torchlight.co.jp/blog/facebook/f8-2016-messenger-bots.html
こちらの記事にある通り、Wit.aiという自然言語処理に長けた人工知能が含まれる「bots on Messanger」も利用可能なのかなと思いきや、今は使うことができなかったです(ドキュメントには一部に紹介があるのみです)。
が、現状で特別何か連携がないというだけで、Wit.aiは利用可能なので使ってみるのも面白いかもです。

簡単にブロック可能

ユーザーはボットを簡単にブロックすることができます。あるいは、広告メッセージだけブロックすることもできるようです。
完全に、お助けツールという立ち位置だけしか認めないし、プロモーションのためにBotを使うなというFacebookのメッセージが受け取れますね。

感想

  • MPは何か"契約"を結ぶための商用Botに特化している
    • テンプレートを用意しているのはLINE Botになかったところ
    • LINE Botは「rich message」で自分で構造を作らないといけない
  • LINEにはGreatingメッセージのようなものがBussiness Connectしかなかったので便利っぽい

Enjoy Bot Life!!